制作

ARTBOOKS では、TOPPAN FINE DIGITAL PRINT(TFDP)の印刷サービスと連携して作品集を制作します。実際の制作に入る前に知っておきたい、サイズやページ数などTFDPの基本仕様、入稿データの形式、色校正から納品までの流れ、印刷品質などをまとめて紹介します。

サイズ、ページ数、印刷部数などの基本仕様

作品集の基本仕様は、サイズ:A4正寸(縦297×横210mm)・長辺綴じ、色数:CMYK 4色、本文ページ数:32〜192ページ、一度に印刷できる部数:100〜500部となっており、印刷料金はページ数と部数によって変動します。※印刷料金はこちら

表紙はソフトカバーで、本文用紙と同じ種類の少し厚手な紙でくるんでありますが、その上にカバーはかかっていません。その代わり、表紙の表面に透明フィルムのラミネート加工を施して、保存性を高めるようにしています(ツヤ消しのマットPP、または光沢のあるグロスPP)。製本は無線綴じといって、背表紙のある雑誌でよく採用されている製本方法を採用しています。

サイズを変更したり、特色を使ったり、表紙カバーをつけたり、ハードカバーの上製本にすることも可能ですが、基本仕様から外れる場合は、別途料金が発生します。

 入稿できるデータはRGB画像とInDesign

入稿できるデータは、RGB画像とInDesignのレイアウトデータです。画像だけの入稿は受け付けていませんので、InDesignで作成したレイアウトデータを必ずご用意ください。

InDesign入稿が難しい場合は、オプションとして、デザインの発注も可能です。玄光社と取引のあるエディトリアルデザイナーをご紹介しますので、安心して任せることができます。

色校正から校了、納品までの流れ

入稿データを受け取った製版担当者は、アーティストの意図を汲みながら色調補正を行い、印刷本紙のヴァンヌーボ LT-FSで色校正を出力します(出力枚数は2部)。

 

アーティストが赤字を記入して校正紙を戻すと、校了となり、印刷工程へと回ります。出校は基本的に1回のみで、修正した色を確認するために再校を出すと追加料金が発生します。完成した作品集は校了後、中10日〜20日(営業日)で、宅配便にて発送されます。

印刷品質について

通常のオフセット印刷に比べて気づくのは、まず色の鮮やかさです。彩度が高くRGBの原色に近い色は、見たままの印象で再現されますし、明るく淡い色から暗く沈んだ色までを色調豊かに再現します。黒の締まりと階調表現も素晴らしく、濃厚な黒と、そこから少しずつ明るく変化する微妙なトーンの、両方をバランスよく表現できます。

専用用紙のヴァンヌーボLT-FSは、しっとりとした質感の紙でありながら、インキが乗る印刷部分は適度なグロス感を保っており、作品集としての高級感を演出します。